ポータブルワードプレス – コンピュータWordPressのローカルで設定する究極のガイド

7 15, 2009〜によって | コメント
**

この記事は、自動的に、ここをクリックし、元のテキストを表示するために翻訳されている

導入

私たちは私たちのWordpressのセットに対処するため、それは一般的なように、リモートのWebサイトを開発するため、通常のを推定するために使用されます。しかし、コンピュータしなかった、あなたの上にインストールするWordpressのこれまでによって達成される可能性が利点と思うか?言い換えれば数:強化されたセキュリティ、 高い開発を動作速度と接続の独立性。悪くないも、えっ?

[toc]のセキュリティの側面は、おそらく最も重要な:開発場合、ソフトウェアの場合は、対処した、これまでは、タイムラインを知っ正確に何のためだ危険;不要のようなリスクが他のデザイナーを編集する、間違って保存すると、"!なぜ私が削除を押しますか?"… ..あなたはハッキング、と知っている安全な開発場所はしている絶えず危険があります::特別な、可逆的環境に役立つ場合、-前-あなたがしてテストし、泣いている仕事をWPの。例外を資源をハッキングあなたの貴重なアップグレードプラグインは、安定したテスト新しい、障害のあるバージョンでは、削除する記事は、に公開コンテンツをリスクを"公式"。損失が適切なバックアップ作業は、維持計画には役立つ安全なデータの予防および、それはダウンタイムを予測し、決して避けるためのサイトがクラッシュします。しないような動作速度は述べる。どのようなWPのホストに近接して、あなたの仕事は、リモート…となることが遅く、低迷、接続に依存する:失われた場合、インターネットの接続は、作業環境が到達不能になる、スナップin!最後ではなく、少なくとも、上に直接あなたのブログをbyプレビュー自分のコンピュータでは、ページを駆動、またはデータベースすることができます側のデバッグサーバーの処理の流れを、のようなサーバー側が含まれ、フォーム。それは環境だと思いますか、once WPののおwith自信を持ってあなたがなることは、あなたは解決策より速く、される要求の厳しい安全問題はブログをスケッチするための環境の適切な開発を目指して、:あなたのWordpress のインストールのコピーをローカル、何かいるコンピュータのとすることができます旅行どこにする理由は、スティックのUSB。が必要になりますに達成するこの結果を我々は基本的に携帯のWebサーバーとデータベースWordpressのは、すなわち、ApacheとMySQLとの互換性。我々が通過する手順は次のとおりですので:

  • 我々のコンピュータ上のWebサーバーとデータベースをインストールする
  • ローカルオンラインWordpressの内容をコピー
  • バックアップと復元のWordpressのデータベースの内容をローカル
  • 新しい環境を設定する

ウェブとデータベースサーバのXAMPPを使用してインストールする

あなたは、システム管理に精通し、迅速に、それはとても簡単にApache Webサーバーと物事をインストールすることはできません場合は、MySQL、PHP、Perlのを追加したい場合は困難になるに気付くでしょうしていない場合。

xampp幸いにも、我々はすべて行う(いくつかの面倒を見るの聖人たち:Apache Friendsのはhttp://www.apachefriends.org/ )は、MySQLが開発したXAMPPを、無料携帯完全なソリューションは、簡単に使用できるパッケージ/配布を含むApacheをPHPやPerl。 XAMPPは非常にインストールして使いやすいだけで、ダウンロード展開して、設定を開始、後でexplaind。

この資料では、XAMPPの4つのバージョンの時点で存在する

  • Linuxシステム(Ubuntuのは、SuSEのは、RedHat、Mandrakeのと、Debianのテストのバージョン);
  • Windows 98では、NT、2000年、2003、XPおよびVistaのバージョン。
  • Solaris SPARC版(開発およびSolaris 8でテスト)のベータ版。
  • およびMac OS X用のベータ版

)(VistaのWindowsをインストールこの私の記事がする探っている。このバージョンが含まれてです:Apache、MySQLは、PHPの+ PEARのは、Perl、mod_phpのは、mod_perl、mod_sslのは、OpenSSL、phpMyAdminは、Webalizerは、MercuryメールトランスポートシステムシステムのWin32およびNetWare v3.32、明、jpgraphのは、FileZilla FTPサーバーは、mcrypt、eAcceleratorのは、SQLite、およびWeb – DAVの+のmod_auth_mysql。我々は、Windows Vista用スティック、このチュートリアルと同じように別のプラットフォーム上で、それに応じて手順を調整実行している場合は、インストールします。

始めましょうXAMPPのインストーラをダウンロードし、インストール補助次に示します。
Vistaの下には、初期のVistaのユーザーアカウント制御を使用してのリスク:有効にした場合について求めている、XAMPPは使用できない状態にはまり込むことができます。まだ大きな問題は、私が個人的に無効になってUACを続ける。
それは正規の"Program Files"フォルダの外にXAMPPをインストールすることを提案さより安定性のため、再度、私のケースでは問題はない、まったくです:私は常にすべてのソフトウェア、そのフォルダの外に、私のディスクはされて整理allowing私をさせる知っておくまさに私がインストールされている。私が使用するコンピュータの例については、ソフトウェア"ルート"は、"はC:\"はフォルダに移動しますmyprogs。 setup01
setup02次のセットアップ画面が私たちの機会を他のXAMPPのオプションを選択し、サービスとしてXAMPPのアプリケーションを実行する方法について、特に詳細を見るようになります。この環境は少し調整する繊細でXAMPPをすることなくサービスのことeasier何かがうまくいかなかったら場合/ WindowsのTask Manager within apps start stopに's実行しているbeにようであるそうしたいのはに、このセットアップフェーズ少なくとも、not advise。
setup03一度完了したら、我々はパネルを制御XAMPPの起動になることが求められます。はい選択し、XAMPPコントロールパネルのメイン画面が表示されます::"をクリックして2つの"スタート""MySQLとボタン上で右の"アパッチ"場合' VEのが右、緑""状態が強調表示されます実行している黒いそれを行う。
いない場合は、ジャンプする瞬間のトラブルシューティングのセクションポストは、この。
setup04最後のステップはでhttp://localhost/にブラウザをポイントを起動するように、競合がない、XAMPPのメインページが読み込まれるが発生した場合。
setup05この時点では、個人のWebサーバ(Apache)およびMySQLデータベースサーバーコンピュータ上で実行されます!

WordPressのオフラインコピーを作成します

次に、我々はコンピュータにインストールするWordpressのバックアップコピーを作成されます。現在使用さている多くのかtoな方法はとてもしたいツールがは、いかんでは、ユーティリティをFTPのgeneric will explain今日の多くの使用cPanelの(普及Internetサービスプロバイダを使用同じ結果も)はあなたがcan achieve:目標をすることです、上にファイルをオンラインでWordpressのフォルダと、コンピュータのコピーの正確な。

その前に、我々はフォルダを(のようなものを作成する"")XAMPPのドキュメントルートのフォルダ(XAMPPの\ htdocsに)に、我々のWPのデータが含まれますワードプレス;私の場合、完全なパスを"のようなCになります:\ myprogs \必要がありますXAMPPを\ htdocsに\ワードプレス"。
setup08今の私たちのオンラインコンテンツのコピーを作成してみましょう:私たちは、ISPに私たちのWPのブログとCPanelの内のホストにログインする私たちのブラウザを使用して、我々は、ファイルマネージャは、アプレットが起動します

setup09それから、フォルダのワードプレスを含むインストールすると、移動します"すべての"チェッカーを選択し、"圧縮"アイコンの上をクリックして選択
setup10コンテンツは、"選択"Zipアーカイブを表示され、"圧縮"ボタンを押して圧縮されてのリスト
setup11
setup12後、ZIP形式のアーカイブをクリックして"ダウンロード"アイコンをドラッグ選択して実行:ときにここで、ファイルを保存する新しく作成したフォルダ(例:"に移動しますプロンプトが表示さはc:\ myprogs \ XAMPPを\ htdocsに\ワード")を保存しzip形式ファイル鉢全体解凍使用して、お気に入りのZIPユーティリティを、構造を維持し、元のフォルダ。

バックアップデータベースを復元する

今ではオンラインデータベースを保持Wordpressのテーブルのバックアップを作成する必要があります。私たちは、この使用してphpMyAdminのツールを実現します。

警告:クリーンアップし、データベースをトリムバックアップを実行する前に!私はいくつかトラブルを自分のデータベースをインポートする主な理由はいくつかのテーブルは(非常に、未使用、レコード長のように)ごみを持っていただ不思議ないくつかの古いプラグインによって以上の左から右の内容を私は取り除くんだまで戻ってインポートを行うことができなかったそのゴミの。私は今後の記事でこの問題について説明します。
setup15あなたのインターネット\のcPanelのオンラインアカウントに戻るご希望のブラウザに、打ち上げのphpmyadmin、データベースあなたのWPをインストール保持する選択し、"エクスポート"タブを選択します。
setup16設定は、次のスクリーンショットに示すように適用。 setup17 setup18 setup19 setup20
割り当ては、バックアップするファイル名、および""ボタンを移動押します。ダウンロードしてどこでもあなたのPCに保存します。
JPGまたは"のalt ="setup06"幅="300"高さ="111"を使用しphpAdminを復元する前に/>データベースデータベースを作成すると、我々が必要と、ローカルコンピュータの時間:ブラウザで、ポイントはhttp://をするlocalhostの/ phpMyAdminは/フレームのMySQLローカルホストの"データベースを行って、新しい"作成して、データベースのローカルあなたの名前を入力で、ボタンを選択して""とutf8_unicode_ci"の両方のデータベース接続の照合順序を作成し、を押します。"
setup07あなたは以下を参照してください:
setup21次に、新しく作成されたDBを選択し、"インポート"を選択]タブで、以前に保存したデータベースを読み込んでいます。スクリーンショットseetingsに従ってください。
脂肪場合、特にデータベースが、エラーの割り当てメモリがスリップしに典型的な:ケース場合ははここで読める。
あなたは正しいことを行っている場合、のようなものを参照してください: setup22

[編集]ローカルWordpressの設定

最後のステップは、以前に作成したローカルフォルダのWordpressのローカル設定ファイルを編集するのwp – config.phpを変更する、それに応じて次の設定を変えている:

<?php
/**
* The base configurations of the WordPress.
*
* This file has the following configurations: MySQL settings, Table Prefix,
* Secret Keys, WordPress Language, and ABSPATH. You can find more information by
* visiting {@link http://codex.wordpress.org/Editing_wp-config.php Editing
* wp-config.php} Codex page. You can get the MySQL settings from your web host.
*
* This file is used by the wp-config.php creation script during the
* installation. You don’t have to use the web site, you can just copy this file
* to “wp-config.php” and fill in the values.
*
* @package WordPress
*/

// ** MySQL settings – You can get this info from your web host ** //
/** The name of the database for WordPress */
define(‘DB_NAME’, ‘yourDbname’);

/** MySQL database username */
define(‘DB_USER’, ‘yourDBuserName’);

/** MySQL database password */
define(‘DB_PASSWORD’, ‘yourPassword’);

/** MySQL hostname */
define(‘DB_HOST’, ‘localhost’);

/** Database Charset to use in creating database tables. */
define(‘DB_CHARSET’, ‘utf8′);

/** The Database Collate type. Don’t change this if in doubt. */
define(‘DB_COLLATE’, ”);

/**#@+
* Authentication Unique Keys.
*

最後に、http://localhost/wordpress開くブラウザをポイントすると、完了です。

高度なトピック – パート1

ので、前にやって実行しているXAMPPのサービスが今、あなたは、XAMPPをしているApacheの起動できるように可能性があります起動して必要に応じとMySQLに対応するチェックボックスをチェックサーバーを自動的に:だけのMySQLを&停止Apacheに覚えているコントロールパネル、サービスは、アプリケーションを、上記の読み込みが可能、 、そうでなければエラーが発行されます。インストールあなたのワードプレスでは、大文字を有効にカールだけフォルダ\ PHPの必要があるエディタのcURLの拡張子をとあなたの好きなXAMPPのの負荷php.iniのファイルにあるため、捜索を

;extension=php_curl.dll

とのコメントを外し、それは(Apacheを削除リード";").を停止起動&。ホストを使用して仮想多くの理由があなたの仮想ホストの申請をおたてのインストールlocal WordPressののWebサーバー上の、たとえばお選びできる理由です、複数のブログを/サイト同じコンピュータで実行してできるor、選択したこと(like私は)変更するアウトXAMPPを\ htdocsフォルダのWordpressのフォルダの場所は、(より良い場所にWordpressのローカルフォルダを移動するを参照);詳細:単にあなたのWPのウェブページでの絶対/相対パスとの競合を避けるためにしたい…それはWPは相対的な多くの好きではないようになります。画像特にパスはどのような理由が、ここにいるXAMPPの仮想ホストをオンする方法を有効に設定最初:としてステップ追加、編集、ファイルのhttpd \のapache – vhosts.confに位置するXAMPPを\ \ confフォルダに、最後にコードをでファイルは、次のディレクティブ:

NameVirtualHost *
<VirtualHost *>
DocumentRoot “C:\MyProgs\Development\xampp\htdocs”
ServerName localhost
</VirtualHost>

<VirtualHost *>
DocumentRoot “C:\MyProgs\Development\xampp\htdocs\wordpress”
ServerName wplocal

Order allow,deny
Allow from all

</VirtualHost>

Cの置き換えを記憶する:\ MyProgs \開発フォルダのパスにXAMPPの現在の使用して。保存し、終了します。最初の<VirtualHostの*>ディレクティブ)localhostのphpMyAdminのホームページ(デフォルトの支援を維持アクセスのWebコンテンツをローカルWebサーバー、すなわち、XAMPPのホームページまたは、2つ目は、Apacheに指示は、DocumentRoot&ServerNameはによって手段ディレクティブを見ての提供Directoryディレクティブは、仮想ホストの内容一方、適切なセキュリティから(アクセス以外の設定をするフォルダ、[許可]に、何ですフォルダwplocal)とは何の名前の仮想:ホストの例(すべての)目標を我々に達成、私たちは声明我々の私達のDNSクライアントに指示する必要が編集します。computerに見るfor新しくcreatedホスト名にlocated hostsファイルC:\等\ driversに\ windowsは\ system32フォルダfor and検索:

127.0.0.1 localhost

新しい行に次のステートメントを追加します:

127.0.0.1 wplocal

今のホストは次のようになりますファイル:

# Copyright (c) 1993-2006 Microsoft Corp.
#
# This is a sample HOSTS file used by Microsoft TCP/IP for Windows.
#
# This file contains the mappings of IP addresses to host names. Each
# entry should be kept on an individual line. The IP address should
# be placed in the first column followed by the corresponding host name.
# The IP address and the host name should be separated by at least one
# space.
#
# Additionally, comments (such as these) may be inserted on individual
# lines or following the machine name denoted by a ‘#’ symbol.
#
# For example:
#
# 102.54.94.97 rhino.acme.com # source server
# 38.25.63.10 x.acme.com # x client host
127.0.0.1 localhost
::1 localhost
127.0.0.1 wplocal

保存して終了します。

setup25停止ApacheがパネルからXAMPPのコントロール、そしてちょうどApacheを再度のDNSにないことを確認競合が発生するDNSコンピュータ、我々がしなければならないオフに、クライアントのキャッシュを:openコマンドプロンプトウィンドウタイプ"でipconfig / flushdnsと"と enterを押して起動すると、クリックします。

負荷ブラウザのすべてをチェックアウトして入力は、実行してスムーズに:http://localhostを (家のWordpressを得るのアクセスをするためにアクセスXAMPPのホームページ)とhttp://localhost/phpmyadmin/http://wplocal最終的に)phpMyAdminは(ページそれはそれはです!

高度なトピック – パート2

により良い場所にフォルダを移動Wordpressのローカルそれを付けて嫌い私は、私が一緒にいないすべての混在したデータと最高のを避けることprograms私のただしXAMPPの 、cでインストールさ、すなわちのdocumentのdefaultフォルダのルートをintoに's:\ XAMPPを\ htdocsには… …轟音!している場合は、きちんと-マニアックです私は、パネルコントロールのApacheからXAMPPの停止を希望を保つに!にWordpressのファイルをに頭ドキュメントフォルダ、および場所はない、新しいに移動フォルダをあなたのWordpress、フォルダドキュメントをご利用の例を示します。 )ワードプレス\プロジェクト\ビズチェックアウト、基になるパスを、新しいフォルダの場所(例:C:\ユーザーは\陳\ドキュメント\;時点で、我々は、仮想有効にする必要にホストを前には、次の手順で説明章では、場所、新しいパスの前にディレクティブのディレクトリに保存httpdの – vhosts.conf ファイルをDocumentRootのと、 コードをに:

NameVirtualHost *

<VirtualHost *>
DocumentRoot “c:\myProgs\development\xampp\htdocs”
ServerName localhost
</VirtualHost>

<VirtualHost *>
DocumentRoot “e:\users\chen\documents\biz\projects\wordpress”
ServerName wplocal
<Directory “e:\users\chen\documents\biz\projects\\wordpress”>
Order allow,deny
Allow from all
</Directory>
</VirtualHost>

を保存して終了し、Apacheを再起動します。あなたは完了です。の移動の外パーマリンクをカスタム許可する機能が正しく-パート1残念なことにトラブルがあるでしょうバージョンはXAMPPの一部か、デフォルトのmod_rewriteは有効にする、それがいる場合、あなたが設定WPのので選択します(パーマリンクのようなカスタムを使用私が)にあなたのホームページは、 エラー404下がりに。 、制御するために有効にするカスタムのXAMPPのよあなたはパーマからのApacheの必要が停止。作成パーマリンクをするために必要ファイルhtaccessを指示Apacheを書くことができますWordPressは、パネルやフォルダ編集ファイルconf \ httpd.confにに位置するXAMPPを\ apacheの。行を探します

#LoadModule rewrite_module modules/mod_rewrite.so

(削除ハッシュ記号#)から行次のインスタンス内のすべての同じ検索は、上述のファイル

AllowOverride None

し、それを変更する

AllowOverride All

インターネット上のサイトもかかわらず、多くの出現をすべて置換発見だけアドバイスしているに残して私は既定のフォルダ)が最初に1回の出現をそのなし(作業をするカスタムパーマリンクの保存して終了し、パネルを再起動制御をXAMPPを形成するApacheが適切許可カスタム動作するようにパーマリンクが-は動作するはずですパート2が何らかの形で、上記の例では、チェックアウトをインストールする場合。Wordpressのあなたのルートにあるhtaccessファイルは、ファイル、設定を保持して適切な。

# BEGIN wordpress
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteCond %{REQUEST_fileNAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_fileNAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]
</IfModule>
# END wordpress

に応じて設定を調整します。上記の例では、WPのスーパーキャッシュのようないくつかのWPのプラグインは()。htaccessファイルを変更した場合は、その注意を払うアカウントを取り込みしていません!

トラブルシューティング

トラッピングApacheのエラーはそれがパネルに起こった私&調整のこと不思議な非常に最初のインストール段階でのコントロールのXAMPPからApacheサーバを起動する私はできませんでした。がフォルダXAMPPを\のApacheのですerror.logをファイルには、ログインする\それとはあまり助けに簡単な方法を現場に後ろが起こっていることを理解どのようなコマンドプロンプトから実行されるようにApacheを。

setup23 、検索ボックスにCMDと入力しcmd.exeをにクリックして、コマンドウィンドウ([スタート]メニューを開きます)
XAMPPをから\ apacheのフォルダ(たとえば、入力のbin \コマンド移動にbinをプロンプト\開発\ XAMPPを\ apacheの\"します。cd c:\ myprogs"とEnterキーを押します)、およびキーを押します回適切なフォルダを入力のapacheを入力します。トラックは、エラーダウンの表示に応じて動作;一般的なエラーは、フォルダに入って構文エラー\ confにapacheや、間違った値のApacheの設定\ XAMPPのファイルは、httpd.confに位置に\。

微調整設定、コマンドラインからApacheを起動するよう、あなたはそれを動作させるまで。完了したら、ウィンドウを終了するコマンドラインやパネルcontrolののrun ApacheのからXAMPPを、といつも。work防止Apacheをtoの理由固定ポートの競合をof One共通properlyしませんis、別のSkypeでアプリケーションが実行のTCPのおusingコンピュータがすでにポートを80 likeケースInこの場合、1つ2つの選択肢を、最初のアプリケーション競合しているために使用さ変更portは、第二は、ポートをlisteningのものの変更 Apacheの。solution場合は、まずスティックは、Windows TCPView forユーティリティグーグルstart gameを(ルシノビッチでマーク)をダウンロードし、アプリも起動を開始できますが、ユーティリティ(。ウェブから);回列実行しているような"アドレスがローカルリストをクリックする"および値を見つける0.0.0.0:80、右クリックしてアプリケーション使用してアプリケーションのパスのポートを80の微調整競合accordinglyとマウスと名前を表示するポップアップボックスが見つかりました行]ダイアログを選択して"プロセスのプロパティ";。完了したら、Apacheを起動します。残している場合はむしろ希望競合するアプリケーションの数ポート"上の別のに使用するのTCP聞く"、ポート80をしてからApacheをあなたが指示されますが必要に。、これを達成するためにhttpd.conf を編集用のフォルダを割き、XAMPP \ apacheの\ confにあるファイルはApacheと検索文字列を次の:

Listen 80

変更は、異なるように8080ものに番号がポートには、チェックアウトできるTCPViewを使用して、まだ未使用のポート、編集する前に、今文を見つける

ServerName localhost:80

それに応じて、明らかに同じポートを前のステップで選択使用してポートを変更します。保存、終了してApacheを再起動します。このソリューションだけの問題であることではなく、http://localhost:8080/にyourから定期的にのようでhttp://localhost/における入力ブラウザから、今のタイプする必要があります場合は、上悪名高いメモリ割り当てエラー)一般的なエラーのように、特にに見舞われるデータベースあなたは可能性があります大:"致命的なエラー:100663296バイトサイズペットのメモリ疲れ(バイトをしようと割り当てる……..では、C:\ myProgs \開発は\ XAMPPを\ phpmyadminの\ライブラリは、フォルダのPHPは"場合は、そのimport.lib.phpを\ 269のラインでのメモリ制限を増やす場合は、\ XAMPPをphp.iniのファイル位置 、上記の編集ファイルと文字列を検索memory_limitをのような大きな値を符号化

memory_limit = 256M

不思議なぜ何かがされていない正しい正常に動作し、一方、保存して、MySQLと終了は、Apache、ファイアウォールコントロールパネルのXAMPPの再起動Apacheを以内に問題は確認してください PHPに接続を受信ファイアウォールで許可するように設定されて答えが苦しんでそれ以外の場合は、することがありますあなたの鼻が下に!

最終的な考え

今から、心のことは、あなたのWordpressの仕事の2つのコピーを管理する必要がありますよう、開発purposesと"リリース"のオンライン版のローカル1は、両方定期的にバックアップを作成する覚えて。また、注意し同期プロセスが重要になります、環境Wordpress自然の真に:フォルダを使用しますがWordpressのそれが同期するtools自動化するスクリプトまたは使用にeasyすることquite、その内容databaseとなる必要があるためmanually微調整&同期プラグイン利用可能なまで完全に自動化された同期されるソリューションは、。遅かれ早かれ、誰かがスムーズに仕事が悪用プラグではありません。私は暖かく、お勧めの一方の機能同期/ツールが組み込まれて開発のウェブサイトアップデートのローカルおよびリモートさを使用します。私はDreamweaverを私はAdobe現在テスト、それが仕事に見えるようにはしてしまうための機能です。コピーローカルWordpressの新しい光を持っている楽しさを、速度!

それを楽しんだか?共有しよう!

Digg facebook delicious live
google linkedin myspace reddit
stumble technorati twitter Yahoo
このページにアーカイブされます:

- Guide - Populaire - Windows 

もっと見る..

  • Wdliell@yahoo.com.br

    eu estou com um probrema por que aparece uma mensagem dizendo que eu soh tenho acesso localhost e aparece essa mensagem quando eu acesso via ip:

    Acesso proibido!

    XAMPP Novo conceito de segurança:

    Acesso ao diretório solicitada só está disponível a partir da rede local.

    Esta configuração pode ser configurado no arquivo “httpd-xampp.conf”.

    Se você acredita ter encontrado um problema no servidor, por favor entre em contato com o webmaster.
    Error 403
    187.119.132.111
    01/12/11 11:41:25
    Apache/2.2.14 (Win32) DAV/2 mod_ssl/2.2.14 OpenSSL/0.9.8l mod_autoindex_color PHP/5.3.1

    eu fui nesse arquivo e estah assim…

    #
    # XAMPP settings
    #

    SetEnv MIBDIRS “/xampp/php/extras/mibs”
    SetEnv MYSQL_HOME “\xampp\mysql\bin”
    SetEnv OPENSSL_CONF “/xampp/apache/bin/openssl.cnf”
    SetEnv PHP_PEAR_SYSCONF_DIR “\xampp\php”
    SetEnv PHPRC “\xampp\php”
    SetEnv TMP “\xampp\tmp”
    UnsetEnv PERL5LIB

    #
    # PHP-Module setup
    #
    LoadFile “/xampp/php/php5ts.dll”
    LoadModule php5_module modules/php5apache2_2.dll

    SetHandler application/x-httpd-php

    SetHandler application/x-httpd-php-source

    PHPINIDir “/xampp/php”

    #
    # PHP-CGI setup
    #

    SetHandler application/x-httpd-php-cgi

    Action application/x-httpd-php-cgi “/php-cgi/php-cgi.exe”

    AddType text/html .php .phps

    ScriptAlias /php-cgi/ “/xampp/php/”

    AllowOverride None
    Options None
    Order deny,allow
    Deny from all

    Allow from all

    SetHandler cgi-script

    SetHandler None

    php_admin_flag safe_mode off

    AllowOverride AuthConfig

    Alias /security “/xampp/security/htdocs/”

    php_admin_flag safe_mode off

    AllowOverride AuthConfig

    Alias /licenses “/xampp/licenses/”

    Options +Indexes

    DirectoryIndexTextColor “#000000″
    DirectoryIndexBGColor “#f8e8a0″
    DirectoryIndexLinkColor “#bb3902″
    DirectoryIndexVLinkColor “#bb3902″
    DirectoryIndexALinkColor “#bb3902″

    Alias /phpmyadmin “/xampp/phpMyAdmin/”

    AllowOverride AuthConfig

    Alias /webalizer “/xampp/webalizer/”

    php_admin_flag safe_mode off

    AllowOverride AuthConfig

    #
    # New XAMPP security concept
    #

    Order deny,allow
    Deny from all
    Allow from ::1 127.0.0.0/8
    fc00::/7 10.0.0.0/8 172.16.0.0/12 192.168.0.0/16
    fe80::/10 169.254.0.0/16

    ErrorDocument 403 /error/HTTP_XAMPP_FORBIDDEN.html.var

ご期待!
RSS
RSS
e-Mail